ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

FrontPage

ようこそ!

ようこそ、ボタニカルアートサロンへ。
当サイトは画家でありデザイナーでもある
吉田桂子先生が主催する、ボタニカルアートを描く人のために
情報を発信するサイトです。English Version

goods shop banner

吉田桂子先生のボタニカルアート作品がグッズになりました。
ご興味のある方はどうぞご覧ください。

吉田桂子先生の作品をグッズで購入できるネットショップはこちらをクリックして下さい。
Botanical art salon The goods shop

コンテンツ更新情報


吉田桂子 略歴
横浜生まれ
多摩美術大学卒
大手アパレルメーカーに服飾デザイナーとして勤務の後、画家として独立
英国王立園芸協会(RHS)ゴールドメダリスト
日本ボタニカルアート協会会員

3月のタイトル花

ムスカリ

ムスカリ

4種類のムスカリを寄せ植え風に描いた作品です。
この作品に私の心を導いてくれたのは、正面奥に描かれている大型のムスカリです。ムスカリには珍しく広葉の品種です。ちょっと遠くから見ると小さなヒヤシンスのように見えます。私の大好きな紫色です。

中間に描かれている2品種は私はあまり好きではない品種です。どこがかと言うと花の咲き方です。私は勝手に「トサカ咲き」と呼んでいるのですが、上方に付いている一部の花が下方に付いている花より先に咲いてしまう形がなんとなく好きになれないのです。こんなにかわいいお花なのにゴメンナサイ。でも絵を描くと不思議と好きになってしまいます。

そして手前にある白い花....これは一番ベーシックなムスカリの白花です。
紫の花の力強さとは違って儚げな雰囲気が早春に映えます。最近は花屋で小型のチューリップの珍しい品種も見かけます。機会があったらこのムスカリ達と同じ構図で「小型のチューリップの色々」の作品を描いてみたいなぁーと思っています。

画:ムスカリ 吉田 桂子
文:吉田 桂子
画像をクリックして大きな画像をご覧いただけます。

2月のタイトル花

レンテンローズブーケ

ブーケ
いつ頃から描き始めたことでしょう。5年近く前だったでしょうか...?
ブーケはボタニカルアート作品の中でも私が得意とする作風のひとつです。でも作品制作にには時間がかかります。同じ季節の花を描くという事は、花が一斉に咲くという事で...つまり急いでデッサンをしなくてはなりません。しかし私は写真で描く事が少ないので、当然ひと春では描ききる事が出来ないので、春を何度も過ごしてこの作品は出来上がりました。

大好きなクリスマスローズとレンテンローズをまるで大きな花瓶に活けるかのように描き始めると楽しくて絵がどんどん大きくなり、こんなに大きくなってしまいました。

絵を描いているとすごく苦しい思いをする事があります、でも時には肩の力を抜いて楽しく描く事も大切だなあと思う今日この頃です。

2月中旬頃にこのブーケの彩色手順をご紹介する予定です。
お楽しみに!!

画:ブーケ 吉田 桂子
文:吉田 桂子
画像をクリックして大きな画像をご覧いただけます。

1月のタイトル花

シュンラン

シュンラン
春の蘭と書いてシュンラン...なんてステキな名前でしょう。
この植物を見ると、年末年始の落ち葉かきを思い出します。私の父が健在だった頃、父は菊花栽培をしておりました。菊花栽培には大量の腐葉土が必要となるため、庭の一角で腐葉土作りをしていました。当然ですが腐葉土作りには沢山の枯葉が必要です。年の瀬が近くなると近所の里山の所有者にお願いをしてケヤキなどの落ち葉を頂いていました。

父は竹籠を背負って手には熊手を持ち、私は愛犬のリードを持って里山に出掛けたものです。父が枯葉を集めている間、私は愛犬と里山散策をしていると、アオキやヤブコウジに紛れて、シュンランも生えているのが見られました。昭和40年代の横浜にはまだまだ自然が多く見られたのです。

現在、自宅からほど近いこの里山は所有者が市に山を寄贈したために公園となりました。愛護会の方たちが熱心にお手入れをされていて、何とか里山が守られています。しかし....あの里山の様にまるで雑草のようにシュンランを見かける事はもうありません。

一度失った物を取り戻すことはとても難しいことのようです。
でも....自宅の庭から遠くに見える里山の木々を見つめながら心の中に花を咲かせています。

画:シュンラン 吉田 桂子
文:吉田 桂子
画像をクリックして大きな画像をご覧いただけます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional