ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

浦野理一

浦野理一

画像の説明
画像の説明
今日は着物友達と浦野理一さんの着物を訪ねて逗子、北鎌倉へ向かいます
もちろん浦野理一さんの着物に帯を締めて…
実はこの着物浦野理一さんの着物とは言われずにオークションにかけられていました
でもこの柄に覚えがありましたので手持ちの資料をひっくり返すと
画像の説明
ありました
まったく同じ型紙の貝の柄に海藻が足されています
縮緬の繊細な柄でも同じ柄行のものがありました
画像の説明
素材も型染めで使われていたピケ組織に瓢箪糸の紬糸が使われています
偽物でも本物でもどっちでも欲しい❗️ということで私の手元にやってきました
その後浦野理一さん通の方数人に伺ったところ本物で間違い無いのではとの事でした
真偽は確かでは無いけれど私に取っての宝物です

コメント

  • 植物画

    初めまして
     以前小田急さんで植物画の展覧会を拝見させて頂きました
    和服姿の吉田圭子先生とても印象に残っております
    吉田圭子先生のウェブレッスンやブログの手芸など楽しいですね
     私はコロナ禍で出かける事ができなくなり植物画を続けられなくなりました
    モチベーションが下がる中ブログが楽しみです
        長谷川 
     



認証コード8348

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional