ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

山岡古都と小森久

山岡古都と小森久

日本ボタニカルアート展2日目
今日は少し過ごしやすそうです
本日の着物と帯です
画像の説明
画像の説明
山岡古都さんの天目お召と小森草木様工房の帯です
天目お召は一瞬レースのように見えますが実は織物の着物です
膨れ織などを入れて布地を立体的に織り上げ裏から墨で染めることで一瞬レースのような布に見えます
古都染人という名前で特許を取っているようです
ずっしりと重いのですがテロンとしていて裾裁きの良い着物です
さてさてそして帯❣️私が大好きで集めている小森久さんの工房の帯です
小森久さんと言えば博多織でシンプルな無地織柄などが有名ですが工房の名前が入っている帯はモダンで大人可愛い柄が沢山あります
これは愛心と名前がついている帯なのですが、何か気が付きましたか?
そうなんですリバーシブルなんです片側が猫で片側犬の柄です
犬の柄は少しリアルでこちらを気に入ってオークションで落札しました
こんなに可愛いのに袋帯で慣れない二重太鼓結びをしたら…
不可抗力❗️胴前とお太鼓の柄が違っちゃいました
一粒で二度美味しい❣️です
小森久草木染工房は現在はなくオークションやアンティークショップで探しています
あと何本かリバーシブルの可愛い帯があるのでまた折りを見て締めたいとおもいます

コメント


認証コード1668

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional