ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

悲しい習性

悲しい習性

画像の説明
これ私の半襟の引き出しです
刺繍が大好きで刺繍の半襟を集めています
画家の悲しい習性で引き出しの中も色相順に並べてしまいます
なので使わない色でも何となく欲しかったりします
画像の説明
画像の説明
これは半襟の下の引き出しで腰紐と羽織紐を入れてあります
羽織紐もついつい色相ごとに束ねてしまってあります
でもこうすると選ぶ時は圧倒的にスピーディーです
羽織り紐の引き出しにはクロッシェ用の編み針を一本入れてあります
これがあると出がけに羽織紐を取り替えたくなっても簡単に出来ます
吉田発案の裏技です
もうやってるなんて方もいるかもしれませんね
まだの方は是非お試しください

コメント

  • わかります!

    色分けしちゃいますね(笑)
    半襟、帯揚げ、帯締め、羽織紐。
    和装は小物が多いですね。そこが楽しいのですが。
    羽織紐たくさんお持ちですね!半襟もきれいですね、つい欲しくなりますよね。
    編針のアイデアは思いつきませんでした。早速真似っこします。
    私はタンスの上にサランラップを一つ置いています。
    使った後の帯締めや羽織紐の房を整えて巻いておくためです。
    こうしておくと次に使うときに卸したてみたいな房になります。



認証コード8483

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional