ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

今日の誕生花

今日の誕生花

エリンギウム

ヒゴタイサイコ属 (Eryngium) は約230種を含むセリ科の属の一つである。中央アジア、地中海地方、南北アメリカなど世界的に広く分布しているが、日本には自生種はない。園芸上は「エリンギウム」「エリンジューム」などと総称されることが多い。多くは一・二年草または多年草であり、高さ30cm程度のものから、E. pandanifoliumのように4m程度になるものもある。多くのものは、アザミのような複雑に深く切れ込んでしばし葉縁が刺状になる葉を持つが、E. yuccifoliumなどのように、ユッカのように細長い帯状の葉を持つものもある。花は、白や青の多数の小花が球状または円筒状に集まった頭状花序であり、花序を囲む刺のある総苞の形は種ごとに多様である。
欧米では古くから花壇用の花卉として、また切り花やドライフラワーなどの花材として多くの種が用いられてきたが、高温多湿に弱く、日本では暖地での栽培は難しい。花自体は小さいものの、総苞がよく発達して色づく種類は観賞価値があり、切り花として栽培される。また、全体に革質で硬い茎を持ったものが多く、ドライフラワーとしても利用される。観賞、装飾用以外の利用法として、数種がハーブとして利用される。イギリスではE. maritimum の根を砂糖漬けにして「エリンゴーズ」という飴剤に利用した。オオバコエンドロ (E. foetidum) はラテンアメリカやアジアで広くハーブとして利用されている、E. maritimumのように根や若葉などを食用とするものもある
花ことば:秘密の愛情
花占い :「ひそかに秘めた、私の気持ちをご存じですか」そんなセリフがよく似合う人。淋しがりやで、孤独を愛する人でもあります。自己表現は苦手。もう少し気持ちをオープンにしてみては。秘密の愛が光り輝きます。陽気に、そして素直に行動すれば、さっきのセリフも自然に出てくるでしょう。でないと、ことばだけが上すべりしてしまいます。
写真と出典:wikipedia
花ことばと占い:366日誕生花の本 瀧井康勝著より
編集部記

コメント


認証コード4907

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional