ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

今日の誕生花

今日の誕生花

ニガヨモギ

ニガヨモギ(苦蓬、苦艾、学名:Artemisia absinthium)はキク科ヨモギ属の多年草あるいは亜潅木。生薬名:苦艾(くがい)。英名はworm wood(ワームウッド)。ワームとは蛇のことで、楽園から追放された蛇が這った跡からこの植物が生えてきたという伝説に由来する。高さは40 - 100cmほどで、全体を細かな白毛が覆っていて、独特の臭いがある。葉は15cmほどの羽状複葉で互生する。葉の表面は緑白色、裏面は白色。花期は7 - 9月で、多数の黄色い小さな花を円錐状につける。
原産地はヨーロッパ。北アメリカ、中央アジアから東アジア、北アフリカにも分布している。日本には江戸時代末期に渡来した。学名は聖なる草を意味するエルブ・アブサントに由来する。英名はエデンの園から追放された蛇の這った後に生えたという伝説に由来するとも、防虫剤に使ったからともいわれる。
北欧のバイキングの間では死の象徴とされていた。
花ことば:平和
花占い :「私に何かもの足りないところがあるのかしら?」自問自答を繰り返すことがあるあなた。不足するものはないのです。相手がそのように思わせているだけ。その人自身に足りないところがあるのを、あなたのせいにしているのです。気にしないで。人を責めるところのないあなたなら、誰からも愛されるでしょう。もう少し自信を持ってはいかがですか?
写真と出典:wikipedia
花ことばと占い:366日誕生花の本 瀧井康勝著より
編集部記

コメント


認証コード5308

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional