ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

カッターナイフと研芯器の話

カッターナイフと研芯器の話

研芯器とカッターナイフ

鉛筆を削るとき、皆さんは何をお使いですか?
私は必ずカッターナイフと研芯器を使用します。カッターナイフはどのようなものでも構いません。鉛筆の芯が長く出るように、あらかたの部分まで削ります。よく、ハンドルを回す手動式や電動式のタイプの鉛筆削り器で鉛筆を削っていらっしゃる方を見かけます。一瞬その方が楽そうに見えますが、芯を長く出せないため、すぐに短くなり先が丸くなってしまうので、結局削る回数が増え、面倒な事になってしまいます。楽をしていつでも芯が尖った状態にしておくためにもカッターナイフを使う様にしましょう。
最近はあまり見かけなくなりましたが、「ボンナイフ」と呼ばれる折りタタミ式のカミソリ様の刃がついたナイフがありますが、これは刃に弾力性がなく鉛筆を絵画を描くために削る事には向いていませんので使用しないようにしましょう。
長く芯を(1.5cm~2cm程度)出したら、後は先を研芯器を使って尖らせます。作画中もこまめに整えるようにしましょう。お持ちでない方は、木工用の紙ヤスリ(仕上げ工程で使う目が細かいもの)やネイル用のスティック状の紙ヤスリでも代用出来ます。写真で紹介致しました、私が使っている研芯器は、携帯用で蓋がしっかり閉まる物や、しまらない物、ヤスリの部分が使い捨ての物や砥石になっていて繰り返し使用できる物など様々です。ご自分の使い方にあった物を見つけて下さい。製図用品を取り扱っている文具店や画材店で購入することが出来ます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional