ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

散歩着

散歩着

画像の説明
今日はお天気が何とか持ちそうなので着物で展覧会会場に参ります
今日の着物は散歩着という着物です
聴き慣れない言葉ですがお散歩に来ていく着物ではありません
今で言う訪問着と付下げの区別が無かった頃に作られた着物です
ある一時期に作られた着物でとても珍しい着物です
特徴は後ろ姿は小紋なのですが前の裾に柄が染められています
画像の説明
この着物は裾柄が小紋の部分とほぼ同じ系統の色で染められていますが全く違う色柄が施されているデザインのものもあります
アンティークならではの袖長のお仕立てで襦袢と合わないのですが私は気にせずそのまま着ることにしています
すべての着物に合わせて襦袢を作るわけにもいきませんし,かと言ってアンティークの着物を現代風に仕立て直してしまうのも嫌なので…
大人が自由に着物を楽しまなければ若い人も着てくれなくなってしまいますからネ

コメント


認証コード7508

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional