ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

羽織好き

羽織好き

画像の説明
今日は秋晴れの清かな日和ですね
こんな日は大好きな羽織を着てお出かけです
今日は摘み細工のワークショップに出かけます
お教室を持ったとはいえまだまだ駆け出しなのでスキルアップをしていかないと思っています
話は戻って羽織のお話ですがこれ
画像の説明
かなり格安で買った羽織りです表地の状態が悪く着られませんが裏地の柄も良いので摘み細工用に購入しました
同じくそのつもりで買ったこちらの羽織は
画像の説明
お直し後があるもののまだ何回かは着られそうです
一旦タンスの肥やしとなりそうです
着物愛が強すぎてなかなか解けずタンスは膨らむばかりです

コメント

  • わかります。

    手仕事が感じられるもの、ほんとうに素敵ですよね!
    私も布好き手仕事好きで、ついつい手に取ってしまいます。こちらの羽織は色を合わせて継いでいるのですね?それがなんだかモダンな感じですね。
    職人さんや作り手さんがどんな気持ちでつむいだのだろうか?何を思いながら刺したのだろうか?などと考えて作品の向こう側を見たくなりなります。日本にはそれを感じられるものや技術が多いですね。大切にしたいと思います。



認証コード4913

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional