ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

日本植物誌~ウリカエデ

日本植物誌~ウリカエデ

画像の説明
ウリカエデ(瓜楓、学名:Acer crataegifolium)はカエデ科カエデ属の落葉小高木です。別名、メウリノキ、メウリカエデ、オオバノウリカエデとも呼ばれています。日本の固有種で、福島県以南の本州、四国、九州に分布します。低山の林縁、林道脇、やや乾燥した尾根筋や尾根に接する斜面など明るい場所に生育します。樹皮の色合いがウリに似ている事からこの名があります。シーボルトとツッカリーニによって、新種として発表されました。図版は慶賀の下絵をもとに作成されました。

植物画:ウリカエデ 京都大学電子図書館
参考資料:シーボルト 日本植物誌 大場秀章監修・解説
wikipedia~ウリカエデ

コメント


認証コード9321

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional