ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

日本植物誌~ハナノキ

日本植物誌~ハナノキ

画像の説明
ハナノキ(花の木、学名 Acer pycnanthum)はカエデ科カエデ属の落葉高木です。本州中部の岐阜・長野・愛知の県境地域と長野県大町市にのみ自生する日本特産種です。江戸時代に水谷豊文(助六)を中心に、弟子の伊藤圭介らによる、岐阜・長野・愛知県境地域の丹念な植物相の調査が、シーボルトやツッカリーニ、後にミクェルが行った研究の助けになりました。ライデンには助六と圭介が採取したハナノキの標本が保管されているそうです。

植物画:ハナノキ 京都大学電子図書館
参考資料:シーボルト 日本植物誌 大場秀章監修・解説
wikipedia~ハナノキ

コメント


認証コード1025

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional