ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

日本植物誌~チドリノキ

日本植物誌~チドリノキ

画像の説明
チドリノキ(千鳥の木、学名:Acer carpinifolium)はカエデ科カエデ属の落葉小高木、高木です。日本特産で、岩手県以南の本州、四国、九州に分布し、主に山地に生えますが、本州の日本海側には少ないです。カエデ科ではありますが、イロハモミジやイタヤカエデのように掌状に裂けるとなく、縁に細かい鋸歯があるだけです。チドリノキの名前はその翼果がチドリを連想することから付けられたそうです。図版にはその様子が描かれています。本書では和名としてMei geto Momisi、メイゲツモミジが挙げられていますが、チドリノキの別名としてこの名を引く文献は見当たらないようです。

植物画:チドリノキ 京都大学電子図書館
参考資料:シーボルト 日本植物誌 大場秀章監修・解説
wikipedia~チドリノキ

コメント


認証コード0650

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional