ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

今日の歳時花~枯芭蕉

今日の歳時花~枯芭蕉

バショウ

バショウ(芭蕉・学名:Musa basjoo)はバショウ科の多年草です。英名をジャパニーズ・バナナと言いますが、中国が原産といわれています。高さは2~3mで更に1~1.5m・幅50cm程の大きな葉をつけます。花や果実はバナナとよく似ています。熱帯を中心に分布していますが、耐寒性に富み、関東地方以南では露地植えも可能です。バショウの葉は初夏に若葉を出し、夏によく茂ったバショウも秋風が吹くころには、葉が葉脈に沿って裂けさらに風雨にさらされ「破芭蕉」となり、冬を迎える頃にはより枯れ果てた葉が茎に垂れ下がる「枯芭蕉」と呼ばれる姿に変わります。「芭」には枯れるという意味があり、かの俳聖、松尾芭蕉が好んだ事でも有名で「ただこの蔭に遊びて、風雨に破れやすきを愛するのみ」と書いて、俳号の由来でもあります。世の無常をその姿に見る季語の植物です。

参考資料:新歳時記 平井照敏編
美しい季語の花 金子兜太監修
wikipedia~バショウ

林 徹 1926~2008 日本の俳人。金沢市出身。俳誌「雉」を主宰。句集「飛花」で2000年度俳人協会賞を受賞した。  

コメント


認証コード4396

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional