ボタニカルアートを描く人のための専門情報サイト

今日の歳時花~蛍袋

今日の歳時花~蛍袋

ホタルブクロ

ホタルブクロ(蛍袋、Campanula punctata Lam.)とは、キキョウ科の多年草のことです。日本各地の山野の自生します。高さは50cm前後で直立し、葉は互生し、卵形で鋸歯がありますり茎や葉に粗毛が生えています。6月頃、茎に枝をだし、釣鐘型の大きな花を下向きに咲かせます。花の色は関東では赤紫、関西では白が多く見られます。内側には紫色の斑点があります。名前の由来は、子供が花に蛍を入れて遊んだからとも、ぶらさっがて咲く花の形が提灯(=火垂る)に似ているからとも言われています。「蛍花」「提灯草」「風鈴草」「釣鐘草」とも呼ばれ、その花の形から多くの別名がつけられています。園芸植物として親しまれているカンパニュラ(つりがねそう)は、同属植物で、主に地中海沿岸地方原産の植物を改良したものです。花の形に心ひかれる季語の花です。

参考資料:新歳時記 平井照敏編
美しい季語の花 金子兜太監修
wikipedia~ホタルブクロ

中村 草田男(なかむら くさたお、1901年(明治34年)7月24日 - 1983年(昭和58年)8月5日)は、日本の俳人。本名・中村 清一郎(なかむら せいいちろう)。1929年(昭和4年)高浜虚子に師事し俳句を学ぶ。また東大俳句会に入門。水原秋桜子の勧めで「ホトトギス」に投句。

出典:wikipedia~中村 草田男

コメント


認証コード5267

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional